光脱毛機のメリット・デメリット

美容クリニックやエステティック・サロンでは、専用の機械やワックスなどを使用した脱毛を行うことができます。

中でも、特殊な光線やレーザーなどを使用する脱毛機による脱毛は、段々に毛が薄くなったり、生えてこなくなったりすることが特徴になっています。この脱毛機には、様々な種類があり、光線式のものやレーザー式のものの他に、電気針を使用するものなどもあります。



これらの機械の中でも、エステティック・サロンや脱毛専門のサロンで使われていることが多いのが、光線式の脱毛機です。



この機械は、皮膚に特殊な光を当てることで、毛根の組織を破壊する仕組みになっています。

メリットとしては、一度に広い面積を処理できることや、広範囲に出力が分散するために、皮膚への刺激があまりないことなどが挙げられます。



また、国内産の製品であれば、日本人の肌質や毛質にあった設計になっているため、産毛や濃い色の毛などに反応しやすくなっています。同時に処理できる範囲が広いため、施術時間が短くて済むのもポイントです。
全身の処理をするのであれば、およそ一時間程度の時間があれば完了できます。
サービス時間が短くて済むため、サロンにとってもそれだけ時間の節約になるため、料金的にもリーズナブルな価格で利用できることがあります。

光脱毛機には、デメリットも存在します。毛質や肌質によっては、あまり効果がない場合があるのです。

とくに、太くて固い毛の人だと、効果が出てくるまでに時間がかかってしまうケースがあります。